歯周病の進行 呼吸機能の低下に関与|北区上中里、尾久、梶原の歯医者

こばやし歯科クリニック

  • 平日夜9時まで診療
  • 土日診療
  • 梶原駅より徒歩1分

オンライン予約はこちら

0120852118

〈診療時間〉 10:00~13:00 / 14:30~21:00(土日は17:00まで)

歯っとする話

歯周病の進行 呼吸機能の低下に関与

-COPD発症抑制に期待-

 

歯周病の進行が呼吸機能の急速な低下に関与する。九州大学大学院の研究グループが明らかにしたもので、歯周病の治療·予防が将来的な慢性閉塞性肺疾患(COPD)の発症を抑制する可能性を示唆した。

同研究は、同大学院医学研究衛生·公衆衛生学分野の二宮利治教授が主任を務める福岡県久山町研究の一環として、歯学研究院口腔予防医学分野の竹内研時助教、山下喜久教授と医学研究院呼吸器内科学分野の松元幸一郎准教授らが共同で実施した。研究グループは、久山町の40歳以上の成人1650人の追跡調査データを分析し、歯周病と呼吸機能検査による一秒量(最初の1秒間で吐き出した量)の急速低下との関連を検討。結果、喫煙などの影響を加味した上でも、歯周病の進行が重度な集団は、最も軽度な集団に比べて、3年以内に一秒量の急速低下が起きる割合が1.4倍高く、経年的な呼吸機能低下速度も急速化しやすいことが判明した。

(10/16 日本歯科新聞より)

ページトップへ戻る