0.02本減の0.82本|北区上中里、尾久、梶原の歯医者

こばやし歯科クリニック

  • 平日夜9時まで診療
  • 土日診療
  • 梶原駅より徒歩1分

オンライン予約はこちら

0120852118

〈診療時間〉 10:00~13:00 / 14:30~21:00(土日は17:00まで)

歯っとする話

0.02本減の0.82本

-12歳1人当たりのむし歯等数-

平成29年度学校保健統計調査の速報値で、12歳の永久歯の一人当たり平均むし歯等数は0.82本だった。文科省が昨年11222日に公表したもので、前回調査より0.02本減少している。12歳の永久歯の一人当たりむし歯等数の内訳は、喪失歯0.01本、未処置のむし歯0.30本、処置したむし歯0.52本。12歳の永久歯の一人当たりむし歯等数は、昭和62年には4.51本だったが、平成9年に3.34本、19年1.63本、25年1.05本、26年1.00本、27年0.09本と徐々に減少してきている。

また、疾病,異常等(処置完了者含む)の割合で、むし歯は、幼稚園35.45%、小学校47.06%、中学校37.32%、高等学校47.30%で、全ての学校段階で前年度より減少。中学校および高等学校では過去最低となった。

 

(1/16日本歯科新聞より)

 

ページトップへ戻る