「噛む」と「認知症」の関係7割が認知|北区上中里、尾久、梶原の歯医者

こばやし歯科クリニック

  • 平日夜9時まで診療
  • 土日診療
  • 梶原駅より徒歩1分

オンライン予約はこちら

0120852118

〈診療時間〉 10:00~13:00 / 14:30~21:00(土日は17:00まで)

歯っとする話

「噛む」と「認知症」の関係7割が認知

歯科疾病と全身の健康との関わりで、「口の中にがんができる」や「よく噛むことで脳血流量を増やし、認知症の予防につながる」の認知度は高いが、「歯周病が低体重児出産や早産にも影響を及ぼす」は低い。

日本歯科医師会が発表した2014年調査報告書「歯科医療に関する一般生活者意識調査」によるもので、認知度は男女とも年齢が高いほど高く、20代、30代は総じて低い傾向にある。

[まったく知らない]の割合が最も高かったのは「歯周病は低体重児出産」で73.8%、次いで「歯周病が血糖値を下げる妨げになる」69.0%、「歯周病は気管支炎にも影響を及ぼす」68.4%と続く。

(6/24 日本歯科新聞より)

ページトップへ戻る