合格率63.3% -昭和61年以降過去最低-|北区上中里、尾久、梶原の歯医者

こばやし歯科クリニック

  • 平日夜9時まで診療
  • 土日診療
  • 梶原駅より徒歩1分

オンライン予約はこちら

0120852118

〈診療時間〉 10:00~13:00 / 14:30~21:00(土日は17:00まで)

歯っとする話

合格率63.3% -昭和61年以降過去最低-

第107回歯科医師国家試験の合格者数が2,025人、合格率63.3%と、年間1回の試験に変更された昭和61年以降では過去最低となった。

厚労省が18日に発表したもので、新卒、既卒を含めた総受験者数は3,200人。

合格者は既卒者より新卒者の方が高い傾向にあるが、今年は大学によっては既卒者の方が高いところもある。

合格者の最高年齢は50歳の男性だった。

異例の合格率の低さにより、卒後臨床研修への影響を心配する声も聞かれる。

卒後臨床研修を受け入れる施設側では「病院歯科を始め、1人2人の少人数採用を予定している医療機関は、研修医も労働力と見なしている傾向があるので、不合格者が多いと再募集をかけても、穴が埋まらない施設が出てくるのではないか」との懸念の声も出ている。

(3/25 日本歯科新聞より)

ページトップへ戻る