指しゃぶり早めに相談|北区上中里、尾久、梶原の歯医者

こばやし歯科クリニック

  • 平日夜9時まで診療
  • 土日診療
  • 梶原駅より徒歩1分

オンライン予約はこちら

0120852118

〈診療時間〉 10:00~13:00 / 14:30~21:00(土日は17:00まで)

歯っとする話

指しゃぶり早めに相談

指しゃぶり早めに相談

乳幼児期の歯並びやかみ合わせの異常は、指しゃぶりなどの癖が原因のことが多い。

東京都葛飾区の母親(45)の長女(6)は、歩けるころになっても、眠い時はすぐ、指をしゃぶり始めるのが癖だった。

寝入った後にそっと指をはずしても、すぐに指が口に入ってしまう。

4歳になる直前の2010年7月、同区の歯科クリニックを受診。

院長から、上下の前歯に隙間が開く「開校(かいこう)」と診断された。

隙間に舌を入れるようになると、発音にも支障が出る。

前歯が指で裏から押されると、出っ歯になることもある。

開校や出っ歯の場合、3、4歳までに指しゃぶりをやめ、舌を突き出す、口が開き放しになるなどの癖を練習して直せば、治ることがよくある。

院長は、「無理にやめさせず、まず歯には好ましくない癖だと教えて、おおらかに接して下さい。もう、お話をすればわかる年齢です」とアドバイス。

母親は、早速、長女にこう話してみた。

「指を入れてると、きれいな歯じゃなくなるよ。それでもいいの?」長女は少し考えた後、「嫌だ」とはっきり答え、「やめる」と約束した。

それから、朝起きた時に、指しゃぶりがなかったら、「指が入ってないね」と忘れずにはめた。

日中は、唇を閉じる練習もやった。

まず、大きめのボタンに糸を通し、前歯と唇の間に挟んでもらう。

母親が糸を引っ張ると、長女は、ボタンをはずすまいと、唇をぎゅっと閉じる。

遊び感党で続けた。

徐々に指しゃぶりは減り、5歳前にはなくなった。

歯並びも治った。

指しゃぶりは成長するにつれ自然に減る。

幼児期の指しゃぶりには緊張や不安を解消する意味もある。

小児科医と小児歯科医で組織する委員会では、3歳ごろまでは特に禁止する必要はない、としている。

指しゃぶりで吸う力が強いと、上あごが狭くなり、奥歯のかみ合わせが左右で異なる「交叉校合」になるともある。

自然に治ることは少なく、きちんとかめなくなり、顔のゆがみにもつながる。矯正が必要なことも少なくない。

院長は、「子どもの指しゃぶりは年齢に応じた対応が必要。早めに小児歯科医に相談してほしい」と話している。

参照:読売新聞 2012年9月12日

ページトップへ戻る